お問い合わせ
menu

BLOGブログ

2018年12月31日 和室の天井板の張り方

工事部: 津野

社員のつぶやき

和室の天井は、天井板の張り方によって、大きく「目透かし天井」と「イナゴ天井」に分けられます。目透かし天井は、天井板を「底目張り」という方法で張った天井です。天井板同士をぴったりと継ぎ合わせるのではなく、継ぎ目を透かして張ります。透かした部分の底に目地板という細い板を張ることから底目張りと呼ばれています。イナゴ天井は、天井板を「羽重ね張り」という方法で張った天井です。竿縁(さおぶち)という細い木材を使って、下から天井板を支える竿縁天井の一種です。羽重ね張りは天井板を重ねて張り、重なった部分を連結するために木片を使用するのですが、この木片の形がイナゴに似ているためイナゴ天井と呼ばれるようになりました。木目には、「板目(いため)」と「柾目(まさめ)」の二種類があります。
板目とは、山型やかまぼこ型の曲線を描くような木目のこと。一方、柾目とは、まっすぐで平行に連なる木目です。

この記事を書いた人

工事部: 津野

入社して20年チョイ!
改修、修繕工事を担当しています。
同じ現場は、無い!!
日々、勉強だなー。

竿縁天井

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ記事一覧に戻る

ACCESS

〒951-8068 新潟市中央区上大川前通三番町25番地7

CONTACT

tel 0120-277-773

受付時間/9:00〜18:00 定休日/土・日・祝
※メールでのお問い合わせは24時間受付可能

ふふまる
ふふまる

ファムらいふのHPはこちら