Menu

0120-277-773

受付時間/ 9:00〜18:00

コンクリートの品質管理

コンクリートの品質管理

担当

工事部

ツノ シュウジ

今日は、現場で土間のコンクリートの打設作業です。 打設前に、生コンクリートの受け入れ検査をします。 まずは現場に到着した「生コンクリート」が発注したものと同じかどうか伝票を確認しミキサー車から生コンクリートを荷卸しする際には、受け入れ検査を行います。 受け入れ検査では、生コンクリートの性状を確認し、発注した商品として規格を満足しているかどうかを判断します。 ⑴スランプ試験 ⑵空気量試験 ⑶塩化物含有量試験 ⑷圧縮強度試験用試験体の採取など。すべて確認後に、コンクリートの打込み開始です。

この記事を書いたひと

工事部

ツノ シュウジ

入社して20年チョイ!
改修、修繕工事を担当しています。
同じ現場は、無い!!
日々、勉強だなー。

KIMG5335

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP