Menu

0120-277-773

受付時間/ 9:00〜18:00

施工方法

担当

工事部

ワタナベ カツミ

掘削高や敷地を考えると鋼矢板を行う作業があります。土地や施工方法によって工法も変わっていきます。鋼矢板が下がらない処置として溶接止めをしています。

この記事を書いたひと

工事部

ワタナベ カツミ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP