Menu

0120-277-773

受付時間/ 9:00〜18:00

建築BIMの将来像と工程表

担当

設計企画部

ワタナベ ツヨシ

行政では、ガイドラインを公表し官民一体となってBIMの利用促進を促しています。現場サイドではいろいろな課題がありながらも業界のトッププレイヤーが中心となり試行錯誤しながらBIMワークフローの標準化を目指し活動しているようです。
今後のBIMを推進するには、海外では先に整備している『共有パラメータ』などのデータベースやテンプレートを統一標準化することが重要だとのことです。
BIMを操作している過程で・・パラメータという用語が頻繁に出てきますが、いまひとつ理解に苦しみます。これも慣れいくしかないのでしょうか

この記事を書いたひと

設計企画部

ワタナベ ツヨシ


入社17年目になります。
建設現場にて現場施工管理や施工図作成を主に担当しております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP