Menu

JISとは!②

担当

工事部

カネコ ヒロヤ

前回の続きです。

JISとは!

そもそもなぜJISという規格が必要となるのかというと、

ひとつの物、例えば鉛筆1本をとっても、

その鉛筆の芯の堅さ・濃さ(BやHBなど)などを決めるためには基準が必要で、

いろいろな会社が独自の基準で作っていたら、

会社ごとに堅さ・濃さなどが変わってしまいます。

そこで、ものを作る際、国として基準を定め、

基準を満たしたものにJISマークを与えることによって、

信頼性・信ぴょう性が高まるということになります。

ですので、工事現場、特に公共工事では、

信頼性のあるJISマークの付いたものが求められるのです。

この記事を書いたひと

工事部

カネコ ヒロヤ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP ファムねっと