Menu

劣化シーリング

担当

建設部

コイズミ アキラ

目地シーリングの経年劣化状況です。
シーリングの硬化が進み、自然に剥落が進んでいる状況です。
剥落が進行し続けるともちろん、建物内に雨水が浸入し
被害が大きくなります。今回、目地シーリング部分を全て撤去し
シーリング打替施工を致しましたので安心できます。

この記事を書いたひと

建設部

コイズミ アキラ

【自己紹介】
現在、精算購買を担当しているコイズミです。
昭和52年入社で、丸40年となりました。

現場施工管理業務を担当していた頃、数多くの施工経歴の中で
思い入れが強かった現場は『国指定重要文化財の修復工事』2件です。

現在も誇りに思い、地域貢献のお役に立てればと思います。
宜しくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP ファムねっと