Menu

収穫の時期が、やって来ました。

担当

建設部

ホリイ タカオ

手塩にかけた、稲作農家の稲刈りがやって来ました。

古代、稲の収穫量を量る単位は、「束」そく、が用いられ。刈り取った稲を、1束、2束、3束と数えたそうです。家屋の床下などに立てる短い柱は、同じ漢字で、「束」つか、と読みます。日本の「食」と「住」を支えてきたのは、同じ言葉でした。この前の休憩室の束は鋼製束で、しっかり縁の下で支えてありました。

 

 

 

この記事を書いたひと

建設部

ホリイ タカオ

【自己紹介】

工事部の堀井です。
平成24年11月に入社しました。

これまで、カスタマー業務を担当してきました。

お客様の満足を第一に考えて商品を選び、
お客様の優先順位を考えて工事を進めていきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP ファムねっと