Menu

300年受け継がれる木造の橋

担当

建設部

イシバシ チエ

こんにちは!イシバシです。
今回は山口県岩国市にある、「錦帯橋」を紹介します。
 
1673年:岩国第三代藩主の吉川広嘉が錦帯橋を架けるがすぐに流失
1674年:改良を加えて再建
1950年:キジア台風による洪水で流失
1953年:木造で再建
 
台風に流されるまでの276年の間、架替えを繰り返しながら威容を保ちましたが、流失後は鉄筋コンクリートで再建という意見もありました。
しかし、市民の強い要望により再度、木造の錦帯橋として再建されたそうです。
 
日本史によく出てきそうな橋ですが、構造はアーチ構造で基本的には端から組み、最後に真ん中の部材を入れることで完成します。重機がない時代に川の中に入って橋を作るのは、とても大変で命がけだったのだろうと思います。
 
大学一年の夏休みに行ったため、当時はただ橋を渡って楽しんでいた記憶しかないですが、今改めて見ると技術力の高さが分かります。HPを見ていると岩国市”錦帯橋課”の表示があり、それだけ大切に歴史と伝統が受け継がれていると実感しました。
 
 
HPに歴史や構造のことが詳しく書いてありますので、ぜひ見てみてください。
 
錦帯橋

この記事を書いたひと

建設部

イシバシ チエ

2021年入社のイシバシです。
東京の大学で建築を4年間学び、Uターンして地元に戻ってきました!

アウトドアな趣味もあったはずなのですが、自粛生活で引きこもっていたので
専らインドアな人になりました。

社会人として成長していけるように頑張ります。
よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP ファムねっと