Menu

波型スレート屋根改修工事

担当

設計企画部

ワタナベ ツヨシ

スレート屋根は1971年から2001年まで広く使用されてきました。
今回は、建物の老朽化により建物各所において漏水が多数見受けられているため、金属屋根カバー工法にて改修することにより建物の使用年数を延長させるための工事を行います。
今回は、スレート材にアスベストが混入していることもあり、石綿の粉塵をなくすためスレートにビス用穴あけをせず、既存フックボルトを使用して金属垂木を設置する間接固定工法にて改修を行います。
昇降階段を登って屋根面を調査しましたが足場が単独だったので非常に怖かったです。

この記事を書いたひと

設計企画部

ワタナベ ツヨシ

入社17年目になります。
建設現場にて現場施工管理や施工図作成を主に担当しております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP ファムねっと