Menu

デジタル建築

担当

設計企画部

ワタナベ ツヨシ

建築設計の3D化が進化している最近では、3DSMAXのオペレーション需要が急増しているようです。
当社でも利用している、あの「鬼滅の刃」製作でも活用していた3DSMAXを有効活用し三次元化やデジタルシフトによる「働き方改革」が進めば、業界全体の業務効率が高まり長時間労働や過度な属人性といった問題を一気に解決することができるようです。

この記事を書いたひと

設計企画部

ワタナベ ツヨシ

入社17年目になります。
建設現場にて現場施工管理や施工図作成を主に担当しております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP ファムねっと