Menu

ビル・ゲイツさんのコロナ終息予想

担当

建設部

ハガ クニオ

マイクロソフトの創業者としても有名なビル・ゲイツさんが自身のブログサイトで「新型コロナウイルスのacute phase(深刻期、急性期)は2022年に収束するだろう」と予測したそうです、 ワクチンの効果が明白である事、変異株に対する対応の早期化、マスクの義務化・検疫手続き・渡航制限などの非医薬品的介入の重要性が広く認識された事、効果の高い新薬の開発などの根拠をあげているそうです。 この事を紹介している情報サイトの記事の最後に、 「ゲイツ氏は、パンデミック収束の予想とともに、コロナ禍で我々が得た学びや教訓が気候変動や働き方、教育分野など、世界が抱えるさまざまな課題に取り組むヒントになるとも言及しています。」 という一文が有りました。たしかにコロナが終息したとしてもネット会議の拡大などIT技術を活用した仕事の進め方の変化は不可逆的な物で、今後も社会常識を一変するような急速な変化があるのかもしれないなあ。と、 はなはだしく漠然とした感想を持ってしまいました(笑い)。

この記事を書いたひと

建設部

ハガ クニオ

真面目で実直な性格と思いますが、気付かないポカも多く有ります、
そんな私ですので、周りの方々に支えられて仕事が出来いることを忘れないようにしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP ファムねっと