Menu

0120-277-773

受付時間/ 9:00〜18:00

爆裂
担当

工事部

ハセガワ ヒロシ

鉄筋錆の進捗によるコンクリート爆裂、崩壊状況です。そこそこ太い(D22?)鉄筋がこのような状況になっています。新築物件が30年後にこうならないよう、慎重に作業したいと思います。ちなみにこの部分はこれからリフリート工法を施します。

この記事を書いたひと

工事部

ハセガワ ヒロシ

RIMG0076

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP