Menu

5ゲン主義

担当

設計企画部

ワタナベ ツヨシ

『現場・現実・現物・原理・原則』の頭文字をとって称しているものだそうです。
良い図面を描くには
・正しい製図を行うには現場をよく知る。
・それが製作できるものか現実を知る。
・その現物を知ることにより的確な注記を入れられる。
・幾何学的な原理や製図のルールである原則を知る。
5ゲン主義の極意を得たCAD利用技術者を目指してスキルアップしていきたいと思います。

この記事を書いたひと

設計企画部

ワタナベ ツヨシ

入社17年目になります。
建設現場にて現場施工管理や施工図作成を主に担当しております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP ファムねっと