Menu

韓国の王宮 景福宮

担当

設計企画部

イシバシ チエ

こんにちは!イシバシです。
今回は大学1年の時(2018年)に旅行した韓国の王宮を紹介します。
 
景福宮(きょんぼっくん)と言って、ソウルの中心部にあります。
後ろを振り返れば、大通りにビルが立ち並んでいるような場所です。
 
↑これはちょうど門の衛兵が交代する儀式が執り行われており
無表情の衛兵と写真を撮ることもできます。
(意外と人気でした)
 
↑これが景福宮ですがとても大きくて迫力があります。
 
日本のお寺の建築様式に「禅宗様」という様式がありますが
景福宮でも放射状の垂木、詰め組など共通した特徴があるので
 
中国から海を越えて日本や韓国へと技術が伝わってきたことが分かります。
 
木造の建物でも規模を大きくするために、いろんな技術が輸入され
様々な様式が作られているので、
 
これまでの長い歴史を建物の進化だけで見ていくと
苦手な日本史世界史も、意外と面白く見えてきます。

この記事を書いたひと

設計企画部

イシバシ チエ

2021年入社のイシバシです。
東京の大学で建築を4年間学び、Uターンして地元に戻ってきました!

アウトドアな趣味もあったはずなのですが、自粛生活で引きこもっていたので
専らインドアな人になりました。

社会人として成長していけるように頑張ります。
よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP ファムねっと