Menu

建築用語に出てくる動物~馬・鹿~

担当

工事部

カネコ ヒロヤ

現場で職人さんの話を聞いていると 思わぬところで動物の名前が出てくることがあります。今回はウマ・シカです。 

なんとなくわかるかと思いますが、今回は動物はあまり関係ありません

土・地業工事などで一定のレベル(高さ)を出すため桟木などに線を引いたり、加工したりして基準を作ることがあります。これを馬鹿棒と言います。

↑これはたまたま現場においてあった馬鹿棒です。よく見ると線が書いてあります。

由来は文字通り、バカでも分かるという意味からだそうです。

昔は汚い言葉が多かったんだなと感じます

この記事を書いたひと

工事部

カネコ ヒロヤ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP ファムねっと