Menu

梱包材の発泡スチロールゴミ減量化実験

担当

建設部

ハガ クニオ

エアコンや室外機の搬入で、ダンボールや発泡スチロールなどの廃棄物が発生します、 数が多くなるとその量も馬鹿に出来ない物で、発泡スチロールのみでフレコンパック袋が一杯になってしまいました、 中身を確認すると、箱型形状などの影響で隙間がものすごく多くなっており、空気を捨ててるような状況でした、 そこで、発泡スチロールを細断したらどのくらい嵩が減るのか試してみたくなり、1時間ほど手で割る作業をしてみました、 写真でも確認できますが、ほぼ半分くらいとなり0.7m3ほど廃プラゴミを削減出来ました、しかし手間を考えると割に合うかは微妙ですね。

この記事を書いたひと

建設部

ハガ クニオ

真面目で実直な性格と思いますが、気付かないポカも多く有ります、
そんな私ですので、周りの方々に支えられて仕事が出来いることを忘れないようにしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

< ブログページトップに戻る

OTHERこの記事のあとに
よく読まれている記事

ファムねっと 不動産情報はこちら TOP ファムねっと